いたみセンター
PAIN CENTER

2017年4月より、「いたみセンター」を開設いたします。

いたみセンター長あいさつ

名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学 教授
名古屋市立大学病院 いたみセンター長 祖父江 和哉

名古屋市立大学病院の麻酔科外来(ペインクリニック)の歴史は東海地区で最も古く、昭和41年にさかのぼります。当時、新聞やラジオ等で紹介された時には、ひと月に200人を超える新患が来訪したそうです。2017年4月、麻酔科(ペインクリニック)は開設から半世紀を経て“いたみセンター”として新たなステージへと向かいます。

これまでもペインクリニックでは、院内で関係各科(整形外科・リハビリテーション科、神経内科、精神科、緩和ケアチームなど)に所属する医師・看護師・医療技術者の協力を得て、痛み診療を行ってきました。今回のセンター化により、その繋がりをより強固にし、痛みを持つ患者さんを多面的に理解し、集学的な診療を行うことで、より良い治療効果が期待できます。

これから名古屋市立大学病院いたみセンターは、「集学的痛みセンター」として機能すべく進んでまいります。麻酔科、精神科、リハビリテーション、整形外科を背景の持つ専門家を中心に、侵襲的治療、薬物治療、心理療法、リハビリテーションなど集学的治療の実践と人材育成に力を入れてまいります。

名古屋市立大学病院いたみセンターの特徴

  • 様々な原因の急性・慢性痛の紹介患者を対象とします。
  • 多診療科・多職種による総合的な痛み治療を行っています。
  • 痛みの治療に関連した様々な専門性を持つスタッフによるチーム医療を提供しています。
  • 痛みに関連した臨床研究を行っています。
  • 痛み診療に関わる医療スタッフの教育・育成を行っています。
ページの先頭へ戻る